自費診療|医療法人社団 裕健会 神田駅東口クリニック|千代田区神田|神田駅東口徒歩2分
selfcare

自費診療

自費診療

にんにく注射について

にんにく注射は、ビタミンB1を主成分とした水溶液を静脈から直接体内に注入し、疲労感などの是正を目指す手法です。注入する際に、にんにくのような硫黄臭がするため、「にんにく注射」と呼ばれるようになりました。

ビタミンB1が不足すると、全身倦怠感や食欲不振、皮膚トラブルなど、様々な障害が起こりやすくなります。症状が軽い場合は、通常の食事やサプリメントで対応できますが、疲れが溜まっているとき、筋肉痛、肩こり、冷え性、腰痛、関節痛、ニキビ、肌荒れ、口内炎、二日酔い、夏バテなどがひどいときは、にんにく注射も行うことにより、疲労感などの改善を目指すのです。

にんにく注射の副作用・注意点

にんにく注射の主成分は水溶性のビタミンB群なので、余分に摂取しても尿から排出されます。そのため副作用は少ないと言われていますが、アレルギー反応、下痢、頭痛、湿疹、蕁麻疹などが起こる可能性があります。このような症状が見られたときは、その後の注射を控えるようにします。

当クリニックのにんにく注射

当クリニックでは、にんにく注射を行っております。ご希望される方はお気軽に当クリニックまでどうぞ。

  • にんにく注射シープラス ¥2,200(税込)
  • にんにく注射スペシャル ¥3,300(税込)
  • にんにく注射プレミアム ¥5,500(税込)

プラセンタについて

人などの胎盤のことを、英語では「プラセンタ」と言います。プラセンタには、胎児の成長に必要な栄養素(ヒアルロン酸、コラーゲン、各種必須アミノ酸、タンパク質)や成長因子が含まれていますので、こうした成分の補給を行うことが出来るのです。日本では主にメルスモンとラエンネックという製剤が用いられます。

こんな方にお勧めです

  • お肌の衰え(ハリ、シワ、くすみ)が気になる
  • 冷え性に悩んでいる
  • 月経痛や月経不順
  • 月経前にニキビが悪化する
  • 更年期障害
  • 慢性的な疲労感がある
  • 疲れやすい
  • 肩こり、腰痛

など

プラセンタの副作用について

ごくまれにですが、赤い発疹、痛痒感、発熱などのアレルギー反応を起こすことがあります。通常は一過性の拒絶反応ですが、ひどい場合は使用を中止します。ごく稀にですが、肝機能障害や頭痛、ショックが起こることもあります。また、プラセンタは生物由来製剤なので、献血が行えなくなります。

当クリニックのプラセンタ注射

当クリニックでは、プラセンタ注射を行っております。ご希望される方はお気軽に当クリニックまでどうぞ。

  • 1アンプル ¥1,650(税込)
  • 2アンプル ¥2,750(税込)
神田駅東口クリニック
クリニック名
医療法人社団 裕健会 神田駅東口クリニック
院長
医師:馬渕浩輔(内科)
診療内容(診療科目)
内科
住所
東京都千代田区鍛冶町2-8-6 
メディカルプライム神田 2F
TEL
03-6271-7916
最寄駅
JR「神田駅」東口より徒歩2分
東京メトロ銀座線「神田駅」1番出口より徒歩3分
休診日:日曜日・祝日
受付時間 日祝
9:30-12:30 高見 高見 小宮山 馬渕 馬渕 堀川
14:00-17:30 馬渕 馬渕 安田 吉田澪奈
Topへ