kanda_kanri - 神田駅東口クリニック

2020〜21シーズンのインフルエンザワクチンの予約を開始しました。

当院では10月1日(木)より、今シーズンのインフルエンザワクチンの接種を開始いたしております。
原則予約制ですので、お電話でまたは来院の際にご予約をお願いいたします(予約の日程等は後日で結構です)。
接種は1回¥4,400(税込み)となります。
接種回数は13歳以上の方は基本的に1回接種,13歳未満の方は2回接種を推奨しております。
2回接種をご希望の方は13歳以上は2回目も¥4,400。

千代田区在住の65歳以上(一部基礎疾患のある60歳以上)の方は接種費用が全額助成されます。千代田区より送付された予診票をお持ちください(ただし1回接種のみ)
https://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/kenko/kenko/yobosesshu/kore-influ.html(高齢者インフルエンザ予防接種:千代田区HP)
生後6か月以上から18歳まで(高校3年生まで)のインフルエンザワクチンについても千代田区より全額助成されます。予診票は千代田区から郵送されませんので、来院していただき所定の予診票にご記入いただきますようお願いいたします。13歳未満のお子さんは2回目の接種も費用が助成されます。
https://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/kosodate/kosodate/yobosesshu/nini/influenza.html(高校生以下のお子さんのインフルエンザ接種費用助成:千代田区HP)

インフルエンザワクチンはインフルエンザに感染するのを100%予防できるものではありません。
年齢が下がるほど、つまり小さい子どもさんほど、インフルエンザワクチンを接種してもインフルエンザにかかってしまうことが多く見られます。
それでもインフルエンザワクチンを接種することで、感染したときに症状を軽くすることができます。症状が長引くのを抑えることができる、特に小さいお子さんやご高齢の方の場合には肺炎やインフルエンザ脳症といった重篤な症状になるのを抑えることができる可能性が高くなります。こういった重篤な症状はインフルエンザ治療薬と呼ばれるものでは予防することはできません。

昨シーズンのブログにもインフルエンザワクチンのお話を書かせていただいておりますので、お時間があればそちらもお読みいただければ幸いです。

今シーズンは特に新型コロナウイルスの流行がまだ押さえ込まれてはいない状況もあり、インフルエンザワクチンの接種を希望される方が多くなることが予想されます。実際の日本国内での今年のインフルエンザワクチンの生産量は例年より300万本ほど増産されているのですが、それでも国民の半数程度が接種できる数しか作られていません。
インフルエンザワクチン接種に関して持論をお持ちの方もおられるのは承知ですが、社会生活を送る上で人に病気をうつさないようにするための努力は、マスクや手指の消毒、咳エチケットだけでは不可能な部分もあります。
個人が感染しない努力をすることが、集団で感染の拡大を防ぐこと(集団免疫)につながり、さらなる大流行を防ぐことになります。
不安な世の中を少しでも安心して過ごすことができるように、インフルエンザワクチンの接種について、今一度お考えいただければ幸いです。

(HP編集担当)

最近の新型コロナウイルス感染の状況に思うこと…。

都内だけでなく全国的に再び新型コロナウイルス感染者の数が増加しています。
コロナ疲れ、コロナうつ…などいろいろんな言葉が出てきています(コロナ離婚…なんて言葉もありますね…)。
日々そんなストレスを抱えて過ごさなければならないと、なんとなく疲れが取れない、ぐっすり眠れないなどの症状もそんなところから来ているかもしれません。

ストレスを解消する方法は人それぞれです。
誰かに勧められてとか、こんなのをテレビで見てとか、どんな小さなきっかけでも試してみると案外ストレスの解消につながるかもしれません。
嫌々やってみたけれど続けてみたら続いちゃった…とか。
そんなことを書いている私は、何年か前から何度かにわたってチェレンジしてみたマインドフルネスはどうしてもダメでした(笑)。
合う合わないは人それぞれ。
やっぱり無理だったとしてもやってみようと思った自分を褒めてみるのも大切ではないでしょうか(私は自分を褒められませんが…)。
おうち時間も大切に。

疲れちゃったら思い切って何もしないで寝てしまう、そんな思い切りもたまには(自分に、家族に)許してあげてください。
家事・育児・介護などこれまでとなんら変わらないことでも、今の閉塞感の強い情勢では、休むことも思い切って寝てしまうことも許されないよ!という方もたくさんおられると思います。
じゃあどうしたらいいの?なんとかしてよ!
みんな心のどこかで叫んでいます。
「できない」なんて言えない、「やって」ってお願いできない。
吐き出すことができない、吐き出す先がない(聞いてくれる人がいない)、言っても何も変わらない。
いろんなことを、いろんな思いを抱えています。

先行きが不安定な今、どう過ごすべきか。
正解なんて誰にも分かりません。
自分自身が不安定になっていることに気づいていない人もいるかもしれません。
なにか落ち着かない、なんだかすっきりしない、そんな病気とも言えないことで病院なんかかかれない、そう思う気持ちも分かります。
家族でも友達でも、誰かとつながってみることを忘れないでください。
今は年賀状だけだけど…ぐらいの、少し疎遠になっている人の方が案外気分転換になることもあります。
いろんな窓口ができ、相談に乗ってもらえる、話を聞いてもらえる機会も増えてきています。
いつものお薬を取りに来ただけなんだけど、ちょっと世間話でもということで少し心の曇りが晴れるお手伝いができるのなら、いつもの病気の話をしてお薬を処方するだけで終わるよりも、医者冥利に尽きるというものです。
(混み合っていてそうはいかない日もあるかもしれませんがそのときはご容赦くださいませ。)

「あんなに大変だったけど、ちゃんと落ち着いたね」
と、思い返すことができる日がいつかきっと来ます。
笑ってそんな風に振り返ることができる日が一日も早く来ることを願って止みません。

(HP編集担当)

新型コロナウイルス感染症 その2

首都圏でも日に日に新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者は増加の一途をたどっています。学校はいつ始まるのか,入学式はできるのか,いつまで外出自粛が続くのか,不安の募る毎日ですね。

誰しも「自分は感染なんてしない」とどこかで思っているところがある,それが人間というもの。誰も「自分が突然死んでしまうなんてことはない」と,心のどこかで思っています。

先日志村けんさんが新型コロナウイルス陽性だというニュースが流れたそのわずか数日後に,まさか悲しいお知らせを聞くことになるとは,誰も考えもしなかったでしょう。誰が感染していて誰が感染していないかなんて,見ているだけでは分かりません。みんな不要不急の外出を自粛しているのだから自分一人ぐらい…と思う方もいるかもしれません。検査をしていないだけで,症状の出ていないコロナウイルスを持っている人が紛れて普通に生活している可能性は十分に考えられます。だからどこに出かけるにせよ,常に感染の危険ははらんでいることを考えることが大切です。常に言われれていることですが,石鹸での手洗い,アルコール消毒,マスクの着用,そのマスクも足りてはいませんがハンカチやハンドタオルなどでも十分咳エチケットになります。自分を守るため,自分の家族や大切な人たちに悲しい思いをさせないためにも,一人一人が気をつけて毎日を過ごし,1日でも早く明るく先を見通せる日が来て欲しいものです。

当院では,患者さまの感染のリスクを少しでも抑えるために,職員のマスクの着用や手洗い,患者さまの触れる可能性の高い自動ドアのボタンやソファ・扉の取手・患者さまにお渡しするファイルなどの消毒や,院内の空間の定期的な換気などを徹底し,環境整備に努めています。「いつものお薬をもらいに来ました」と安心して来院していただけるように,これからも気をつけて参ります。

(HP編集担当)

花粉症の季節となりました。

今年も2月初めごろよりスギ花粉の飛散が都内でも観測されるようになりました。鼻水,鼻づまり,くしゃみ,目のかゆみ,皮膚のかゆみなど,症状は人それぞれですが,辛い症状であることには変わりありません。
暖かい日が少しずつ増え,外は気持ちのよい気候のときでも,花粉症があることで出かけるのが億劫になる方も多いかと思います。


早めに(12月〜1月前半ごろから)抗アレルギーの内服や点眼を始められて,いざ症状が出始めるころに備える方,症状が出始めてから受診される方,市販の抗アレルギー剤の内服薬や点眼薬を購入される方,みなさんそれぞれの対処法をされています。
天気予報を見られる際には花粉の飛散量だけでなく,天気,風の強さ,気温,湿度なども併せてチェックされることで,服装,マスク,メガネ(またはゴーグル),帽子などの着用等の目安にもなります。
お出かけ前に,花粉の付着を防ぐために,コートなどの衣類用,顔や髪用のスプレー剤等も市販されています。
帰宅されたらまずコートなどの上着や帽子,マフラーなどに付いた花粉を払うことも大切です。
この時期お天気がよい時には布団を外に干したくなりますが,外に干す際には花粉の付着を防ぐ専用のカバーを利用したり,取り込んだ時には布団に掃除機をかけるなども必要です。

花粉症の治療には抗アレルギー剤(主に抗ヒスタミン剤)の内服や,点眼薬,点鼻薬などを使用します。最近は眠気の出にくい抗アレルギー剤も増えており,それぞれの症状に合わせてお薬の処方をします。点眼薬はコンタクトレンズの使用状況などで処方できるお薬が限られることがありますので,処方をご希望の際は必ずお伝えください。

スギ花粉症の症状またはダニによるアレルギー性鼻炎の症状を緩和するために,当院では舌下免疫療法を行っています。
少しずつアレルギーの原因となっているスギやダニの抗原エキスを身体に取り入れることで身体に免疫反応を起こさせ,少しずつ慣れさせていくことにより,徐々に症状が出にくくするという治療になります。アレルギー症状が出ている時に治療を始めると症状が悪化することがあるので,スギ花粉症の減感作療法はスギ花粉の飛散が少なくなる5月の連休明けから6月ごろの開始をお勧めしております。ダニに関してはいつでも開始は可能ですが,体調のよいアレルギー症状の強くない時の開始をお勧めします。
最初の受診の際にアレルギー検査を行い,2回目の受診から治療開始となります。
お薬の準備の都合上,予約制とさせていただきます。
舌下免疫療法をご希望の方はあらかじめお電話いただきますようお願いいたします(現在は舌下免疫療法については初診・再診とも受付を停止しておりますのでご了承ください)。

(HP編集担当)

新型コロナウイルス感染症について

日本でも徐々に感染者が見られている新型コロナウイルス感染症ですが,まずは一般的なお話から。
もともと冬の風邪の原因ウイルスの一種であり,多くは軽症の風邪症状で済むことが多いのですが,ときに高熱を伴うこともあります。

現在中国武漢市周辺で発生し,重症な肺炎を起こす新型コロナウイルス感染症が流行しています。過去に流行を起こしたSARS(重症急性呼吸器症候群)やMERS(中東呼吸器症候群)はコロナウイルスが動物より感染し,重症な呼吸器症状を引き起こすものですが,現在流行しWHOが非常事態宣言を出した新型コロナウイルス感染症もまた動物からの感染によるものです。当初日本ではヒトからヒトへの感染は見られてないとされていましたが,日本人のバス運転手の方が武漢からのツアー客から感染したことで,ヒトからの感染もあるということが分かりました。

死者も出てはいますが,適切な治療で治癒傾向に向かっている罹患者の治療の報告も出されています。発熱と肺炎を思わせるような激しい咳,中国武漢周辺よりの2週間以内の渡航歴,あるいは、渡航歴がなくても2週間以内に武漢からの旅行者など日本に来られた方との接触などがある場合には,まず最寄りの保健所にお問い合わせください。専門の医療機関受診が必要か,コロナウイルス感染症の疑いの可能性が低く,お近くの医療機関受診でよいかの判断をしてもらうことが可能です。

インフルエンザの流行は一旦落ち着きつつありますが,まだ2月に入ったばかりです。昨年インフルエンザB型の流行が少なかったので,今シーズンは流行する可能性もあります。また胃腸風邪の患者さまも少なくありません。体調不良を感じたら,ご自身の体力を過信せず,周囲の方に感染してしまう前に,早めに医療機関を受診する様に心がけましょう。

(HP編集担当)

インフルエンザワクチンは効かない?

インフルエンザワクチンはいつも打ちません。たまたまワクチン打った年に限ってインフルエンザにかかって,しかも40℃も熱が出たんですよ!じゃあ打たなくても大丈夫っていうことじゃないですか!…そんな話をされる方が結構いらっしゃいます。
インフルエンザワクチンには,残念ながらインフルエンザを100%予防する効果はありません。インフルエンザワクチンによるインフルエンザ予防効果は60〜70%程度と言われています。また年齢が下がるほどワクチン接種による予防効果も下がります。

ではなぜインフルエンザワクチンを打った方がよいのか?
インフルエンザにかかると通常高熱が続きます。3〜4日程度でそろそろよくなってきたかな,と思われるころに再度発熱が見られることがあります(山が2回あるという意味で二峰性の発熱という言い方をします)。ワクチンを受けられたのに残念ながらインフルエンザにかかってしまった方も,最初は39℃を超える高熱の方が多くいらっしゃいます。ただ,圧倒的に二峰性の発熱の二つ目の山が来ることが少ないのです。
また,インフルエンザにかかってしまった時に抗インフルエンザ治療薬をどんなに早期に使用してもインフルエンザ脳症を防ぐことも軽くすることもできません。第一にインフルエンザにかからないようにすること,かかっても軽く済むようにすること,つまりインフルエンザワクチンを打つことが唯一の予防法なのです。
インフルエンザワクチンを接種する時よく受けるご質問に,これはAだけなんでしょ?Bには効かないんでしょ?といったものがあります。現在日本で製造され,検定に合格して使用されているインフルエンザワクチンには,単純にA型とB型というだけでなく,A2種類,B2種類の型が含まれています。
インフルエンザA型の流行が現在まだ多くの地域で発生していますが,少しずつB型の発症も見られています。
AにかかったからBにはかからない,ということはありませんので,もしAにはかかってしまったけれど,Bにはかかっていないという方は,B型にかかっても軽く済むようにワクチンを受けられることをお勧めします。

冒頭の話に戻りますと…「インフルエンザワクチンを受けたから今年は大丈夫!」と油断してはいなかったでしょうか。「今年はワクチン受けなかったから気をつけなくちゃ」と,マスクをしたり手洗いうがいをしっかりするようにより心がけておられたのではないでしょうか。
ワクチンが効かないかどうかはワクチンの効果そのものへの疑問や心の持ちようも大きく影響しているように思われます。

受験生は風邪を引かないとよく言いますが,本当に気が張っている時には,実際に免疫グロブリンという抗体の一種IgAが体内で増加して免疫力が上がっているということも研究で報告されており,あながち間違ってはいないのです。
気が張っている時は大丈夫ですが,ホッとして緊張が解けると風邪を引いたりして体調を崩しやすくなります。常に緊張している必要はありませんが,ふと気が緩んだ時に体調を崩すことがないように,日頃から注意したいものです。

(HP編集担当)

クリニックのブログを始めました。

クリニックのブログを始めました。
神田鍛冶町の地に今月初めに開院いたしました。
地域の皆さま,神田エリアでお仕事されている皆さまに,寄り添ったクリニックを目指して参ります。
病気はもちろんのこと,健康についてご心配なことなど,是非お気軽にご相談ください。
スタッフ一同皆さまの健康づくりのお役に立てるよう,精一杯努力していきたいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。

神田駅東口クリニック
クリニック名
医療法人社団 裕健会 神田駅東口クリニック
院長
医師:馬渕浩輔(内科)
診療内容(診療科目)
内科
住所
東京都千代田区鍛冶町2-8-6 
メディカルプライム神田 2F
TEL
03-6271-7916
最寄駅
JR「神田駅」東口より徒歩2分
東京メトロ銀座線「神田駅」1番出口より徒歩3分
休診日:日曜日・祝日
受付時間 日祝
9:30-12:30 高見 高見 小宮山 馬渕 馬渕 堀川
14:00-17:30 馬渕 馬渕 安田 吉田澪奈
Topへ